じゃがいもと小麦の松岡農場では豆にもこだわっています

じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ
じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ 農場紹介 じゃがいもについて 豆について 小麦について ビートについて
最新情報 オススメレシピ ショッピング カゴの中を確認 ご注文について お問い合せ
豆について
あずき 小豆はとてもデリケートな作物です。暖かい気候を好むのですが、小豆の有名どころは、「丹波」「十勝」どちらも冷涼な場所。小豆の場合、全国の収穫量の8割以上が北海道産で、北海道産の3割以上が十勝産です。 小豆は昔からお祝いの席にかかせないお赤飯に使われたり、甘味の代表であるお汁粉やお団子。お彼岸の季節には御先祖様への感謝も込めて、小豆たっぷりのおはぎがふるまわれます。昔から、私達の生活に密着して来た小豆。食べなれたその素材にこそ、こだわりが必要です。 ぜひ、小豆のふるさと十勝松岡農園直送の小豆の風味をご堪能してください。
ライン
大豆 大豆は「畑のお肉」と言われるほど栄養価が高い食品です。良質なたんぱく質、カルシウムなどのミネラルも多く、しかもバランス良く含んでいます。また大豆タンパク質には人間が体内で作ることができない必須アミノ酸を多く含んでいます。大豆は、豆腐、納豆、煮豆、味噌、醤油など日本型食生活に不可欠な食品の原料として古くから栽培されてきました。
北海道十勝は豆の宝庫で日本の食糧基地と言われています。農薬をなるべく使用せず、一粒一粒大切に育てました。もちろん遺伝子組み換えではありません。今年採れたての「松岡農園の大豆」を是非一度ご賞味下さい。
ライン
金時豆 金時豆は「隠元」の一種で、代表的な品種は「大正金時」や「福勝」で「白金時」なんて種類もあります。
松岡農園は、大正金時です。早く育ち、とっても美味しい!手亡類より、ちょい大きめのサイズ。甘納豆や煮豆用に最も適した豆とされ、洋風の煮込み料理にもよく用いられています。
名前は、河西郡大正村以平(現在の帯広市)で増殖され、その後大正村全村および他町村に広がっていったため、村の名前をとって「大正金時」となったようです。豆を水洗いして、一晩4倍量の水に浸しておいてから煮ます。浸した水ごと強火で煮、沸騰したら湯を半分位取り替えアク抜きをします。(豆にしわがよった状態)弱火で差し水をしながらやわらかくなるまでゆっくり煮ます。じゅうぶんにやわらかくなったら砂糖、塩などを入れて味をととのえます。
ぜひ、大正金時のふるさと十勝松岡農園直送の大正金時の風味をご堪能してください。
 
じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ | 農場紹介 | じゃがいもについて | 豆について | 小麦について | ビートについて
最新情報 | オススメレシピ | ショッピング | カゴの中を確認 | ご注文について | お問い合せ