じゃがいもと小麦の松岡農場ではビートにもこだわっています

じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ
じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ 農場紹介 じゃがいもについて 豆について 小麦について ビートについて
最新情報 オススメレシピ ショッピング カゴの中を確認 ご注文について お問い合せ
豆について
ビート ビートって何?
「ビート」って何?と思われる方も少なくないと思いますが、日本語では「甜菜(てんさい)」と表します。
甜菜は「舌に甘い野菜」となります。北海道特産で砂糖の原料になるものです。
砂糖の原料は「さとうキビ」では?と思われますが、フランス・ドイツなどのヨーロッパでは、砂糖といえば甜菜糖のことをさします。
全世界の砂糖消費量の約30%、日本では約25%が甜菜からつくられた砂糖で占められています。
十勝産の甜菜は北海道内で砂糖に加工され、チョコレートや菓子類・飲料用などを通じて全国の方に毎日届いています。
野菜?植物?
甜菜はビート(SUGAR BEET)とも呼ばれ、分かりやすいように砂糖大根と説明することもあります。
外見はカブに似ていますが、この根の部分に蓄えられた糖分を取り出して砂糖を作ります。
見た目とは違い、分類上はほうれん草と同じアカザ科に属します。
北海道の風にそよぐ青葉は、北の大地を緑のじゅうたんで敷き詰めたよう、黄金色に輝く小麦や、じゃがいもの清楚な花とともに、代表的な北海道十勝の田園風景を演出します。
十勝産の甜菜糖は正真正銘「舌に甘い」ピュアな砂糖です。
この他に、天然オリゴ糖のラフィノースなど、新素材としての分野でも有望であり用途の拡大に勤めているところです。
甜菜はまさしく北の大地の恵みで、このように捨てる部分のない環境にもやさしい植物となっています。
 
 
じゃがいもと小麦の松岡FARMトップ | 農場紹介 | じゃがいもについて | 豆について | 小麦について | ビートについて
最新情報 | オススメレシピ | ショッピング | カゴの中を確認 | ご注文について | お問い合せ